一般的な看護師の仕事の流れ

看護師は、3交換勤務の場合、日勤(8:30~17:30)準夜勤(16:30~0:30)深夜勤(0:30~8:30)、2交換勤務の場合、日勤(8:00~17:00)夜勤(16:30~翌日9:30)というシフトになっています。

一日の流れは、8:30ごろ~朝のミーティング、夜勤スタッフからの申し送り(その日のリーダーが仕事の割り振りをする)。9:00ごろ~朝の検温、処置の用意、処置、オムツ交換、清拭や洗髪などの患者のケア、物品の補充。11:30ごろ~昼食配膳(この時交代で休憩に入る)12:30ごろ~昼食の下膳・内服薬の投与をする。13:30ごろ~医師の回診、処置、オムツ交換。15:00ごろ~病棟カンファレンス(患者の情報交換、問題提起)。15:30ごろ~薬のセット(処方された薬を一週間分ずつ患者専用のケースに入れ、間違っていないか看護師二人でダブルチェック)16:30ごろ~準夜勤・夜勤スタッフと交代(情報の申し送り、日勤スタッフ勤務終了)夜勤スタッフは点滴や内服薬の確認。17:30ごろ~夕食の配膳。18:30ごろ~夕食の下膳、内服薬投与。19:00ごろ~夜の検温(交代で休憩)20:30ごろ~眠前薬の投与、オムツ交換、処置。21:00ごろ~病棟消灯、見回り。0:30ごろ~深夜勤スタッフと交代(2交換勤務の場合は交代で2時間ほど仮眠)。6:00ごろ~採血、血糖チェック。朝食の配膳。7:00ごろ~下膳、内服薬投与。8:30ごろ~朝のミーティング(夜勤スタッフ勤務終了)

*時間は目安です。各病院によって前後します。

*この勤務の間に、ナースコール対応、手術時間に合わせて準備・送りだし、外来診察の予定があれば一緒に付添います。