看護師の再就職

看護師の出産・育休明けの再就職について

妊娠や出産を機に、看護師の仕事を退職し、休職する人が多いです。

ある意味では仕方のないことなのですが、職場に復帰する時のことを気にしてしまう人も少なくありません。

そこで産休や育休明けの再就職について考えてみます。

看護師の場合、産休はとっても育休はとらないという人も多いです。

その理由としては、長く休暇をとっているとブランクができてしまって職場復帰が難しくなる、職場で配置転換などされなくない、などのようなものが一般的でしょうか。

最近では託児所を院内に併設する医療機関も増えてきており、働くママさんのための職場環境も整ってきていると言っても過言ではありません。

しかし、それでも負担が大きいことには変わりはありませんので、これまで通りに仕事を続けるのは難しいことも多いです。

そこで正社員ではなく、アルバイトやパートなどのように勤務時間を少なくしたり、自分や子どもの都合にあわせて仕事ができるようにする人も増えていると言って良いでしょう。

また、育休をとるくらいなら、子育てが一段落するまで退職してしまうという人も多くいます。

その場合、ブランク期間が心配になるかもしれませんが、最近では看護師の人手不足も深刻なものとなっていることから、多くの医療機関などで職場復帰のための特別なプランが立てられていることも多いです。

職場復帰をするために、最新の医療事情を講義したり、採血などの基本スキルの見直し、外来などの負担の少ない場所で実際に働いてみて勘を取り戻すようにしたり、と様様なプログラムがあるので利用してみると良いでしょう。

看護師派遣に強い求人No.1