看護師派遣のマイナス面とは

看護師派遣のデメリット

派遣看護師のデメリットとしてあげられるのは、どんな職場に派遣されるか分からないことです。

つまり、職場の環境がいい職場もあれば、悪い職場もあるということです。

環境というのは、人間関係、人員、業務量とのバランスなどです。

正社員がどんどん離職していくということは、人手不足に悩まされているということです。

人手がないから派遣を頼む、ということも十分に考えられ、勤務条件や人間関係が悪い、トラブルがあるということも十分考えなければなりません。

多忙な職場、人間関係の悪い職場に派遣となった、ということもありますから、まずは派遣会社をしっかり選ぶ必要があります。

それから契約解除が突然行われることがあります。

病院や事業者の都合により契約解除されることが多いのですが、優先となるのは派遣会社や派遣社員ではなく、病院や事業者側です。

そのため、契約期間が来ていないのに突然契約解除になる、ということもあるのです。

人手不足で派遣社員を頼んだのに、正社員が入ったり、人員が確保できたからという理由で、派遣打ち切り、ということも十分あります。

給料面で見ると、ボーナス、昇給がありません。

派遣はあくまで派遣ですから、正社員や一部のパートでもらえる年に2回程度のボーナスが支給されません。

さらに昇給も見込めませんので、ずっと同じ時給で働かなければならないというデメリットもあります。

長く看護師として働きたい、資格取得などキャリアアップをはかりたいという方は、派遣看護師として長く勤めることよりも、チャンスがあれば正社員などの仕事を見つけたほうがいいでしょう。

看護師派遣に強い求人No.1