老健で働くために知っておきたいこと

老健の仕事とは?

介護老人保健施設の派遣は、規模が大きいため、知識、経験を多く問われます。

介護老人保健施設とは、介護保険によって施設の運営がなされており、入所者は介護保険の対象になります。

さらに詳しく見てみると、介護認定で、要介護1~5までの認定を受けている人に限られています。

介護老人保健施設には入居者が非常に多いため、看護師の需要も高いです。

夜勤も多く、夜間緊急対応能力が問われます。

単発の派遣の場合も同様で、経験が少ない看護師にとっては非常に厳しい職場のようです。

高齢者がかかりやすい疾患について知識がある、緊急対応の仕方を心得ているという場合はすぐに仕事になじむことができるでしょう。

介護老人保健施設では、小児科や外科、皮膚科など、様々な分野で経験を積んだ看護師が多く、これは正職員、パート、アルバイト、派遣殿職種をとっても同じようです。

介護老人保健施設の派遣の時給は1500~2500円の範囲内が多く、地域によって異なります。

派遣の場合は週1日から勤務できる場合もあるため、平日は他の病院で働きながら、休みの日に介護老人保健施設で働く、という人もいます。

また日勤や夜勤に専従する働き方もあり、派遣期間が1ヶ月以上の長期にわたる場合もあります。

介護老人保健施設での派遣看護師は、正職員やパートアルバイトと業務内容が変わりありません。

入所者にしてみれば、みんな同じ看護師ですから、医療技術、知識を求められるのです。

医療行為をすることができるのは、医師以外では看護師のみですから、その分責任も大きくなります。

看護師派遣に強い求人No.1