看護師の転職・面接編

好印象を与える面接のコツ

看護師の人手不足は深刻なものになっています。

このことから、基本的に看護師の場合は職に応募した時、かなりの確率で合格できると言っても過言ではありません。

しかし、中には人気の高い医療機関などもあり、やはり待遇の良いところには人材も集まりますので、一般企業以上に狭き門である場合もあるのです。

そうした時に、面接でいかに好印象を与えるかはとても重要なポイントになってきますよね。

そこで面接の時に好印象を与えるコツですが、先ずは身だしなみをきちんとするようにして下さい。

面接など短い時間で行われるものの場合、第一印象が与える影響はとても大きなものだと言えます。

そこで面接に行く時には、みだしなみを整えておくことが大切です。

女性なら、シンプルで落ちついた色のスーツでスカートなら膝丈くらいの長さ、ヒールのある靴を履くのなら低めのものにしておくと良いでしょう。

男性も同様で基本的には濃紺やグレーなどの落ちついた色のスーツで、ワイシャツは白、ネクタイも地味なものをしていくと良いですね。

特に女性の場合はメイクもナチュラルメイクを基本として、ハデ過ぎず地味すぎずといった具合を目指して下さい。

面接でのポイントは、ともかく応答ははきはきとして応えることです。

聞かれたことに対して、自信を持って応えるようにすると良いでしょう。

自分の気持ちを具体的に話すことが重要で、曖昧な言葉で対応するのではなく、受け答えをきちんとするようにすると好印象を与えることができます。

自信もなくぼそぼそと喋ってしまうと、いかに有能な人であっても良い印象を与えることはできません。

このポイントに気をつけて、ある程度の会話のシミュレーションを事前にしておくと良いでしょう。

現役看護師が利用する求人サイト求人No.1