総合病院で働く

大きい病院のお仕事事情

大きな病院というのは、待遇面でも福利厚生面でもしっかりしているので、働く側としては恵まれた環境と言えます。

ただメリットもあればデメリットもあるので、それをきちんと知っておきましょう。

まずメリットですが、看護師として働きやすい環境が整っていることが挙げられます。

大きな病院は、職員への対応だけではなく、設備やシステムなどのレベルも高いのでとても仕事がしやすいです。

業務や責任もきっちり分けられているので、自分がやらなくてはいけない仕事に集中できるところも、小さい病院にはないメリットです。

また、診療科目もたくさんありますし、チーム医療や最新医療などのプロジェクトにも関わることができますから、スキルアップも可能です。

違う科目にも挑戦できるというところも、キャリアを広げられる大きなメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては、働く人間が多いだけに人間関係のトラブルも多いということが挙げられます。

自分が良かれと思ってやったことが迷惑になってしまったり、逆に迷惑をかけられたりして、そのためにストレスが溜まってしまうことも少なくありません。

患者さんも多いので、思うように看護が出来ないこともありますし、患者さんからのクレームも覚悟する必要があります。

それに、研修会や勉強会などが多いので、勤務時間外に時間を取られてしまうことも多いです。

もちろん勉強は自分のスキルのためなのでデメリットとは違うかもしれませんが、自分の時間を大事にしたいという方は、こういった点も踏まえておきましょう。

現役看護師が利用する求人サイト求人No.1