看護師の転職のきっかけで多いのは?

看護師が転職を考える時

自分の夢を叶えた看護師は、充実した毎日を送っていると言うイメージがありますが、辞めたいと思っている人は半数近くに及ぶと言われています。

実際、転職率はとても高く、サラリーマンと違ってひとつの職場で働き続ける人はほんの数割というのが看護師業界の実情です。

転職は2回以上という看護師もとても多いのですが、なぜこれだけ転職をしたいという方が多いのでしょうか。

そのきっかけでもっとも多いのは、意外にも給与への不満です。

休憩も満足に取れず、お盆や年末年始も関係なく、時間外労働も多く、有給も消化できない環境で働くのはとても重労働です。

しかも、仕事は患者さんの命を守るという重大な使命を背負っているので、精神的な消耗も大きいでしょう。

肉体的にも精神的にも大きな負担を抱えているのに、医師よりも格段に給与は少なく、また医療機関によっても待遇はかなりの違いがあります。

そのため、もっと労働条件が良いところ、自分を高く評価してくれるところを求めるのは当然なのかもしれません。

そして、次に多いのが業務内容への不満です。

看護師不足という現状の中で過酷な業務を行っていると、患者さんとのコミュニケーションを取る時間もありません。

もっと丁寧に看護をしたい、と思っても、日々の仕事に流されてそれができない状況では、なんのために看護師になったのか、と迷いが出る方も多いようです。

大きな病院になると、希望する科目を学べなかったり、配属先が自分がやりたい科目じゃなかったりということも多いようです。

他にも、交代制なので家庭と両立できない、人間関係のストレスなど、看護師が転職をしたいと思うきっかけはたくさんあるのですね。

現役看護師が利用する求人サイト求人No.1