看護部長とは

看護部長へのステップアップ

看護師というのは、少ない人数で多くの仕事をこなしていかなくてはいけません。

外来で行くと、医師の診察や治療の補助、カルテの整理や雑務などの仕事ぐらいしかないように思えるかもしれません。

たくさんの患者さん一人一人に対して、これらの仕事をしなくてはいけませんし、病棟勤務ともなるとさらに仕事量は増加します。

とにかく、過酷と言える業務を日々行っているので、病院や看護部全体の方針が分からなくなってしまうことがあります。

病院側との意志の疎通は、仕事をする上でとても重要なものになるので、それが理解できていないと業務に支障が出てしまいます。

それを防いで、看護業務を円滑に行うために潤滑油となるのが看護部長です。

看護部長は単に看護業務を行うのではなく、病院側の方針を看護師に周知させて浸透させることが主な仕事になります。

また病院の考え方だけではなく、看護師の意見を病院に申告するというのも看護部長の重要な業務です。

毎日の業務をこなすことで精一杯な看護師は、病院側に対しての意見を言うことが出来ないので、不満やストレスが溜まってしまいます。

それをまとめて代弁してくれるのが看護師部長であり、看護師が働きやすい環境を整えることにも大きな役割を果たしています。

もちろん医療事故が起きれば責任を負わなくてはいけませんし、それを防止するための対策や方針、さらに看護組織の見直しなど、幅広い業務を行っていかなくてはいけません。

つまり、病院側と看護師側の意見の調整を行いながら、安心かつ安全な看護業務がスムーズに行えるようにしていくのが看護部長なのですね。

現役看護師が利用する求人サイト求人No.1