看護師主任とは?

看護師主任へのステップアップ

病院の規模によっては、看護師の管理職の中に看護師主任という役職が設置されている場合があります。

看護師主任というのは、看護師としての業務を行うのはもちろん、看護師のまとめ役をこなす仕事になります。

看護師は個々に仕事を持っていますが、それぞれがばらばらに動いていては、効率の良い業務をこなすことができません。

一つの業務が他の看護のサポートになったり、逆に邪魔になったりすることもあるので、看護業務は連携が重要です。

看護主任は、自分の業務をこなしながら、他の看護師の業務のチェックを行ってスムーズな看護が行えるようにまとめていかなくてはいけないのですね。

また、看護師長の業務を補佐するという役割も持っています。

看護師長は、看護師の技術や知識の教育、精神面のフォローなどを行いますが、勤務管理や体調管理なども行わなくてはいけません。

つまり看護師一人一人ではなく、全体的な指導を行う立場なので、仕事のチェックや細やかなフォローは看護師主任が担当して看護師長のサポートを行います。

看護師主任というのは特に資格試験はなく、病院側から指名されれば就くことができますが、基本的にはリーダーシップと豊富な現場経験も必要となります。

最低でも10年ぐらいの実務経験があり、さらに幅広い視点で業務を管理する能力がないと勤まりません。

時間外勤務も多く、人が足りなければ夜勤もこなさなくてはいけないのでとてもハードかつ責任の重い仕事ですが、それだけにやりがいのある仕事とも言えるでしょう。

現役看護師が利用する求人サイト求人No.1