残業少の診療科

残業が少ない診療科

病院で働いている看護師の人も多いですが、診療科目によっては残業も多くなり、プライベートな時間も圧迫されてしまいます。

残業が多くなることで、拘束時間も長くなってしまい、肉体的な疲労だけではなく、精神的にも負担を抱えてしまう人も少なくありません。

そこで、残業が少ないとされる診療科にはどんなものがあるのかと言うと、代表的なものとしては精神科、皮膚科、美容外科などがあります。

また、内科でも透析の担当になったような場合は比較的に残業が少なくなると言われているので、覚えておくと良いでしょう。

精神科、皮膚科、美容外科、に共通することとしては、患者さんの病変があったとしても、命に関わるようなものではないことです。

このことから病院によっては夜勤もありませんし、残業もほとんどないと考えて良いでしょう。

忙しい診療科で働く看護師だと、なかなか生活リズムを整えるのも難しいのですが、精神科などでは規則正しい生活を送ることも難しくはありません。

ただし、デメリットとしては求人の募集そのものが少なかったあり、夜勤や残業などがないことから手当がつかず、収入面で他の診療科よりも低くなるなどのこともあります。

また、残業については入院施設があるような一般的な病院で勤務をするか、個人経営となるクリニックかで働くかでも大きく異なります。

一般的に忙しくなりがちな外科や内科であったとしても、クリニックの場合は入院施設を持っていないことも多く、定時で業務は終わりますので残業に関してもほとんどありませんので、勤務先選びも重要だと言えるでしょう。

現役看護師が利用する求人サイト求人No.1