内科の業務内容とは?

【診療科の特徴】内科

内科とは、病気、軽い怪我の際、最初にかかる科になります。

病気、怪我の原因をしっかりと見極め、適切な医療を提供します。

たとえば風邪、腹痛、頭痛、切り傷など、一般的によく知られる疾病やケガは内科医師が担当し、看護師はそれを補助します。

もしも他の病気が原因で、外科や整形外科など、別の科が専門に診なければならない場合は紹介状を書き、別の病院を勧めます。

内科の分野には、一般内科、呼吸器内科、消火器内科、循環器内科、神経内科、血液内科、腎臓内科、内分泌内科、心療内科など、様々な分野があります。

看護師がないかで勤務する場合、その業務内容は幅があります。

内科では様々な疾病を取り扱いますから、治療方法も様々です。

病院により、疾病によって専門分野が分けられる場合もありますが、いずれの内科であっても、看護師は診察補助、観察、注射、薬管理などが業務となります。

おそらく誰もがイメージする看護師の仕事に最も近いといえるでしょう。

内科には様々な年齢の患者さんがいます。

風邪かな、と思ったときほとんどの方が内科を受診するでしょう。

ですが実は風邪ではなく、喉や鼻の重大な疾患であったり、内臓疾患の場合もあります。

ですが一般的にその判断が患者側につくものではありませんから、内科にはたくさんの患者さんが訪れます。

ですから患者で働く看護師の業務は多忙ですし、診察が終わる時間が、診療時間を越えることも多いです。

そうすると残業も発生しますし、シフト制のクリニックなどでなければほとんどの場合毎日のように残業となるでしょう。

その上で内科看護師の求人を探すのであれば、転職支援サイトを利用してみましょう。

おそらくほとんどの病院、クリニックで残業がある、という話になるでしょうが、転職コンサルタントにこちら側の条件を提示することで、条件に見合った求人を紹介してもらうことができます。

内科で勤務すると、薬や疾患の知識が身につき、医療器具の取り扱い方、患者さんとの接し方も身につきます。

スキルアップしたいなら、内科は向いているといえるでしょう。

現役看護師が利用する求人サイト求人No.1