妥協しない転職・パートのデメリットとは

パートで働くデメリット

パートで働く看護師にはデメリットもあります。

デメリットとして大きいのは、常勤にはある福利厚生が受けられないことです。

産休、育休、昇給にボーナス、有給休暇、退職金制度が適用されない場合がほとんどです。

職場によっては育休、有給休暇を得られるところもありますが、稀ですから、パートとして働きたいのであれば、事前に確認して置きましょう。

どちらにしろ、給料だけで見れば常勤よりも少なくなります。

社会保険がないという場合もありますし、育休を取れたとしても、給料はない、ということもあります。

ほかにデメリットはないのか、というと特に大きなデメリットはありません。

職場の人間関係が余りよくなければ、それはパート、常勤関係なくデメリットになりますし、看護師の仕事がきついのは、誰でも一緒です。

また常勤の看護師から指示を得ることもありますので、ある程度年をとった方がパート看護師をすると、年下の上司を持つこととなり、やりづらいと感じることもあるようです。

また職を探すとき、常勤の求人は見つかるけれど、パートの求人が見つけづらいということもあるようです。

もし、あなたがいい条件でパートの看護師をしたいと思っているなら、看護師専門の転職支援サイトを利用してみましょう。

看護師専門の転職支援サイトですから、充実した内容の求人が多く取り扱っていますし、条件別にパートの求人を探すこともできます。

託児所、福利厚生、有休、残業の有無など、様々な条件を指定し、探してみるといいでしょう。

専任のコンサルタントが相談にも応じてくれますので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

フルタイム以外も充実!おすすめ求人サイト