看護師パートで人気の治験コーディネーター

治験コーディネーターのパートが人気!

看護師のパート、バイト先として人気になっているのが、治験コーディネーター(CRC)というものです。

治験コーディネーターは主に製薬会社に勤務して、新しい薬を開発するための治験のサポートを行う仕事になります。

治験というのは、人間を対象に被験薬の薬力学的効果の検出や確認、副作用、安全性や有効性を行う試験です。

この試験を行って、すべてのデータを取り、承認を申請する際の資料にします。

治験は治験協力者である患者さんの協力のもとで行いますが、治験コーディネーターはその患者さんや家族のサポートをします。

薬や治験内容、治験中の過ごし方、検査の日程の調整を詳しく説明したり、患者さんの体調の変化や薬による症状をチェックしたりするのが主な仕事になります。

こういった仕事は、看護師としての経験を活かすことができますが、これだけが仕事ではありません。

治験は新薬のための実験なので、普通の看護師の仕事とは異なる仕事もたくさんあります。

治験に関しての知識として治験実地計画書を理解しなくてはいけませんし、薬理や薬物による動態、疾患の背景などを理解する能力も必要です。

また、実験の結果をまとめてデータを作成しなくてはいけないので、その能力はもちろん、コンピューターに関しての知識もなくてはいけません。

さらに治験チームの一員として、医師や薬剤師、検査技師などあらゆる職種の人と協力しあっていくため、コミュニケーション能力も不可欠です。

このようにあらゆる能力が必要になりますが、新薬の開発に関わり、患者さんに貢献できるのでやりがいもあり、待遇も良いので看護師に人気の職種となっています。

フルタイム以外も充実!おすすめ求人サイト