看護師の産休・育休

医療機関の産休・育休の事情

看護師として働く女性にとって、勤務先となる医療機関において、産休や育休がどうなっているかは大きな問題だと言えます。

現在はその予定がなかったとしても、将来的には出産したいと考える女性も多いるでしょう。

その時に、きちんと産休や育休が取れるのかを気にすることも少なくありませんよね。

一般的に見ると、病院などの医療機関では産休や育休の制度は充実しています。

そもそも労働基準法によると、本人から産休や育休の請求があった時には、産前なら6週間、産後には8週間の休業期間をとるのを許可することを義務づけられているのです。

ちなみに双子や三つ子などの多胎の場合は14週間前から休業することができます。

およそ4ヶ月~6ヶ月ほどの期間を休むことができるようになるのですが、さらに育休もとなると、さらに長期間の休業となるのを覚えておくと良いですね。

育休の場合は、労働基準法とは別に育児休業・介護休業など育児または家族介護を行う労働者の福祉に関する法律で定められています。

育休の期間は最大で出産したお子さんが満1歳になるまでの期間です。

つまり、産休・育休の期間をあわせるとかなりの期間を休業することになるので覚えておくと良いでしょう。

基本的には医療機関としては、産休や育休をとった人の代替人員を募集することになり、アルバイトなどで穴埋めをすることがほとんどです。

ただし、長期間休業することで担当部署が配置換えになったり、同僚の顔ぶれが変わっていたなどのこともあるから、産休はとっても育休はとらないと言う人もいらっしゃいます。

反対に、妊娠したのを機に退職をしてしまって、出産後には負担の少ない職場に転職するという人もいらっしゃいますので、自分にあった方法を選択すると良いでしょう。

フルタイム以外も充実!おすすめ求人サイト