夜勤バイトで効率的に稼ごう

【高待遇の夜勤専従が豊富!】看護師求人ランキングはこちら

夜勤のみのバイトとは?

看護師の仕事も一昔前と比較すると、随分と選択肢の幅が広がりました。

その理由の1つに、看護師の人手不足があげられます。

看護師として働くことができる人は、資格を所有している人のみになり、誰しもが仕事をできるわけではないのが大きなポイントだと考えられます。

そこで、人手不足を解消するために医療機関としても、様様な手を考えているのですが、その1つが夜勤のみのアルバイトですね。

正社員として仕事をしている場合でも夜勤となると、やはり慣れないと身体的に大きな負担がかかってしまいます。

また、夜勤専門で働けるのならまだしも日勤をして夜勤をしてとなると、生活のリズムが整わずに体調を崩してしまう人も少なくありません。

結果的に、看護師の仕事を続けたくても続けられない状況になってしまう人もいることから、最近では夜勤専従の看護師として雇用されることもあるそうです。

夜勤専従と言っても大きく分けると、準夜勤と呼ばれるものと深夜勤と呼ばれるものの2つがあります。

準夜勤とは3交代制をとっている医療機関にある時間帯であり、各職場によって時間帯は異なるのですが、一般的には夕方から深夜の12時までとなる勤務時間帯のことですね。

この場合、深夜勤は12時から翌朝までの勤務時間となります。

2交代制をとっている医療機関の場合ですと、夕方から翌朝までの勤務時間となることがほとんどです。

正社員として夜勤に働く看護師も多いのですが、厚生労働省からの勧告によって月に8回までと定められています。

しかし、上でも書いたように看護師の人手不足が深刻化している現在では、正社員として雇用している看護師の人数だけで夜勤を賄うことが難しい医療機関も多く、夜勤専従のアルバイトに頼られていると言って良いでしょう。