常勤、非常勤どちらを選ぶ?

【高待遇の夜勤専従が豊富!】看護師求人ランキングはこちら

常勤、非常勤の違いとは?

夜勤専従には常勤と非常勤の2種類あります。

この両者はどう違うのかというと、給与の違いがまず明らかです。

病院によって異なりますが、時間換算はそれほど変わりないものの、手当がつく、つかない、賞与がある、ない、といった違いが見られます。

病院、施設の大半は非常勤に賞与を支払いません。

手当てでも、夜勤手当の額がまったく違う、雇用保険に社会保険がつかない、といったことがあります。

非常勤看護師は自分の都合に合わせて働くことができるため、メリットは大きいです。

育児をしているからこの時間しか働けない、というような形でもまったく問題ありません。

夜勤専従は非常勤の中で最も高額な給与となっていますが、常勤よりも給料は少なくなってしまいます。

では夜勤専従は常勤と非常勤どちらがいいのかというと、ケースバイケースとしか言いようがありません。

つまり、あなたが働ける環境、時間などによって変わるということです。

家族の協力があれば、残業を伴う常勤で働くこともできるでしょう。

ですがシングルマザーなど、周りに頼る人がいない、預けられる場所がない、病院に託児施設がないなど、条件に縛られてしまう場合は非常勤のほうがいいこともあります。

もしもあなたが働き方に条件をつけなければならないときは、看護師専門の転職支援サイトを利用してみるのも一つの方法です。

看護師専門の転職支援サイトには、常勤、非常勤の夜勤専従の求人が揃っています。

非公開求人も非常に多く取り揃えられていますので、あなたの条件に見合った求人がキット見つけられるでしょう。

コンサルタントに相談しながら、常勤と非常勤、どちらがいいのか検討していくのもいいでしょう。