夜勤が続いても元気な身体を保とう!

【高待遇の夜勤専従が豊富!】看護師求人ランキングはこちら

夜勤専従での体調管理方法

看護師の仕事というのは日勤でも辛いものです。

心身ともに疲れ果ててしまうのですが、夜勤のように人数が少ない勤務となればより精神的に疲れやすくなりますし、日中、日光に当たる生活ができなくなりますから、いろいろな支障が体に生じやすくなります。

そのため夜勤によって体の調子が悪くなるといったことが起こり、他の職員に迷惑をかける、休職や退職に追い込まれることがあります。

夜勤専従の看護師が体調管理するためには、まず職場の夜勤について確認して見ましょう。

勤務体制は2交代制と3交代制がありますから、どの働き方があなたにあっているかをチェックするのです。

休憩時間、休日、仮眠時間はきちんと確保できているのか、夜勤後の残業は長くないか、人員不足などによって休憩時間がほとんどない、短いということがないかチェックしましょう。

実は人員不足を理由に休憩時間を削られるというのはよく見られることです。

体調管理を自分で行うときには、夜勤明けは太陽光にできるだけ当たらないよう、防止などを利用し、部屋を暗くした状態で眠りましょう。

しっかり睡眠をとることは体調管理の基本です。

この睡眠のとり方については、様々な意見がありますので、あなたの体にあった体調管理法をしましょう。

それからストレスの解消も大切です。

趣味を休日に楽しむなど、様々な方法でストレスを解消していきましょう。

子育てに追われている方は、特に体調管理が難しくなります。

この場合、適度な手抜きをしましょう。

体調を崩しては元も子もありませんから、体調管理に気をつけながら夜勤をしていきましょう。